ドラレコ凄し!米原市竜巻をとらえる!竜巻の前兆はこれだ!

ドライブレコーダーが決定的瞬間をとらえました。 米原市竜巻の映像です。 本当に恐ろしい自然現象ですね。 今回の被害の大きさの様子や、竜巻の前兆、竜巻から身を守る方法を調査しました。
スポンサーリンク

天災の概要

29日午後、滋賀県米原市で竜巻などの可能性がある突風が発生し、住宅の屋根が飛ばされたり電柱が倒れる被害が出ました。飛び散ったガラスなどで6人がけがをしたということです。 滋賀県警などによりますと、午後1時45分ごろから午後2時5分ごろまでの間で、米原市朝日や夫馬で突風が吹きました。 出典;JNN
その竜巻の凄さを連続画像でお伝えします。

竜巻の瞬間

ドライブレコーダーが捕らえた映像です。 竜巻(画像では砂の塊が右から左へ移動しているのがわかります。)の様子です。
出典;JNN
このドライブレコーダーを掲載している車は命拾いしたことになりますね。 もう少しずれていたら、車ごと吹き飛んでいたのではないでしょうか? ユーチューブの動画の初めの48秒ぐらいまでが竜巻の動画になります。
JNNの動画が気になる方はこちらまで 昨日ネットで話題になった「富山の元自衛官の島津慧大容疑者の射撃の瞬間」もドライブレコーダーが決定的瞬間をとらえていましたね。 なお、その動画掲載の記事は、「島津慧大 射撃の瞬間動画を公開!元自衛官の射撃構えがヤバすぎ!」です。 今回も、ドライブレコーダ大活躍です。 突然起こる出来事の証拠になる動画、画像はドライブレコーダー威力絶大ですね。 竜巻の前兆ってあるのでしょうか?
スポンサーリンク

竜巻の前兆

竜巻の起こる前の実際の空の様子です。
出典;Twitter
次にあげるいくつかがあると要注意です。 〇発達した積乱雲が接近で、空が急に暗くなる。 〇普通でない雨の振り方がある。 (大粒の雨やひょうが降り始める。) 〇急にひやりとした冷たい風が吹き出す。 (寒冷前線の接近によります。) 〇雷鳴・稲光がある。 〇ゴーという音、黒い雲の底から円柱のような暗雲
ゴーという音が聞こえたり、黒い雲の底から円柱のような暗雲が下がり始めたりしたら、まさに竜巻発生の瞬間です。極めて危険な状態が迫っています。 引用;お役立ちコラム
さらに非難のポイントは 屋外では、頑丈な建造物の物陰に隠れて身を小さくしましょう。 プレハブや車は危険です。 室内では窓のない部屋(トイレなど)に隠れる。 大きな窓や周辺は危険です。カーテンを閉め、窓から離れる。   では、具体的な被害の様子をみてみましょう。
スポンサーリンク

被害の様子

この被害があった場所は 家の窓はすべて割れ、室内のあちこちにガラスが飛び散っています。
出典;JNN
人が住める状態ではないですね。 また、電柱にすごいものがぶらさがっています。
出典;JNN
竜巻で飛んできたトタン屋根の部分です。 また、物置がひっくりがえったようです。 住民のコメントとともに
「これ、物置が逆の方向になってる。下が天井で、上がもうない。私は75年ここに住んでいるが、初めてです、こんなことは」 出典;JNN
恐ろしい状況です。 〇被害状況:追記6月30日10:20
午後1時40分ごろに起きた突風で、市内では屋根が飛ぶなど住宅85棟に被害が出ています。また、割れたガラスで手を切るなどして男性6人、女性2人の合わせて8人が軽傷です。 引用;ANN
〇米原市でガレキ撤去:追記6月30日15:10 ボランティアも駆け付け、ガレキの撤去作業が行われている。
現場では、住民や近くの高校に通う生徒らが駆け付けて、早朝からガレキの撤去作業を行っている。 出典;NNN
〇突風被害は140棟に:追記7月1日0:20
竜巻とみられる突風に見舞われた滋賀県米原市では現地調査が行われ、140棟の建物が被害に遭っていたことが分かりました。 出典;ANN
  最後にネットの声をきいてみましょう。

ネットの反応

最近、大阪北部地震に始まり、天災も続いています。 今後も警戒しましょう。 被災された地域の方が無事で、1日も早く復興することを願いばかりです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする