茨城県城里町 中3強盗殺人未遂!出身中学は?動機は?処分の重さは?

衝撃的な事件です。 中学3年生がリサイクルショップの店長を脅し、強盗殺人です。 犯行現場を特定しました。 さらに、出身中学、動機なども調査しました。 14歳の子どもが、この容疑で逮捕された場合、どれくらいの罪になるのでしょうか?
スポンサーリンク

事件の概要

中学3年生の男子生徒が強盗と殺人未遂の疑いで逮捕されました。
強盗と殺人未遂の疑いで逮捕されたのは茨城県に住む中学3年の男子生徒(14)で、5日午前10時半ごろ、城里町石塚にあるリサイクルショップで、店長の女性(59)を刃物で切りつけ、店のレジにあった現金およそ1万2000円を奪った疑いが持たれています。 男子生徒は現金を奪ったあと逃走しましたが、その後、現場近くの路上で警察官に発見され、その場で逮捕されました。 引用;JNN
では、そのリサイクルショップが犯行現場になるわけですが、どこにあるのか、画像と地図で紹介します。

犯行現場特定

ニュースの映像から場所を特定しました。
出典;JNN

犯人の個人情報は?中学校名は?

公開されている情報は 名前:公開されていません。 年齢:14歳 性別:男 身分:公立中学3年 未成年のため、名前や顔画像は公開されないと思われます。 出身中学はある程度予測がつきますので、調査しました。 城里町教育委員会のHPには城里町に公立中学は2つだけしかありません。 常北中学校と桂中学校です。   犯行現場に近いのは常北中学校です。 〇印が中学校で、×印が犯行現場です。
出典;google map
何度かこのリサイクルショップに顔を出していたとの情報から、おそらく近い方の中学校と思われます。 断定はできませんが、常北中学校の可能性が極めて高いです。
スポンサーリンク

動機は?

この動機もまだ、公開されていません。 レジのお金12000円を奪っているので、遊ぶための小遣い稼ぎではないでしょうか? 詳細が公開され次第、追記していく予定です。

処分の重さは?

14歳少年が強盗殺人未遂はどの程度になるのでしょうか? まず、14歳の年齢なので、犯罪少年(14歳以上20歳未満の時点で罪を犯した少年)にあたります。 少年事件では、通常の刑事事件と異なり、有罪・無罪や量刑を決めません。 少年に罪の重さを気付かせ、更生を促すのが目的だからです。 大まかに分類すると、
不処分 保護観察 少年院送致 児童自立支援施設等送致 知事・児童相談所長送致 検察官送致 引用;弁護士ドットコム
このどれかの処分になる訳です。 決め手となるのは、本人の反省の度合いや、今までの非行歴などのようです。 強盗殺人未遂という内容から、少年院送致以上ではないでしょうか? 具体的な流れは、家庭裁判所に送られ、少年を鑑別所に収容するかを決め、その後は次のようになります。
鑑別所に収容された場合には、家庭裁判所調査官によって、少年の性格や生育環境、生活態度などの調査が行われます。 その後、審判という手続きへと進み、処分が決定されることとなります。 なお、これらと並行して、反省を促すための教育や社会奉仕活動などを行い、再度罪を犯さないように働きかけます。 その結果、十分な反省が見られ、審判を行わずに不処分となる可能性もあります。 引用;弁護士ドットコム

まとめ

まず、速報としてお伝えしました。 やはり悲しい事件ですね。 少年が高齢の店員を刃物で脅し、12000円奪う行動を起こしてしまう愚かな行動を誰も止めれなかったのでしょうか? 親との関係、学校との関係など気になることが多いです。 少年にはしっかり更生してもらいたいです。

ネットの反応:追記6日11:30

ゲームの延長くらいにしか思ってないか? モヤモヤしてた、イラついてた、注目したかった、理由は年齢的にこのレベルかな。 少年法はもう重罪には適用外で良い感じ。 引用;Yahoo!ニュース
こんな子供にどうして育ってしまったのか。 少年院に入って徹底的に矯正してほしい。 もう無理かもしれないけど。 引用;Yahoo!ニュース
怖い世の中になったもんだね。 14歳。自分の頃なら考えられない。 引用;Yahoo!ニュース
少年法いらんでしょ 引用;Yahoo!ニュース
1番の原因は『親』にある 2番目は本人の『知能レベル』 3番目は社会の規則を守る「意志の強さ」 やろうね 14歳にもなって善悪の区別ができないはずはなく 相手が死ぬかもしれないと予想できないわけでもない 保護観察くらいで野に放つのは危険 数年後は半グレやチンピラになって簡単に人殺ししかねない 引用;Yahoo!ニュース
批判的な声ばかりです。 多くの人が、今のこの現状に滅入っているようです。 なんとかならないのでしょうか?  
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする