北島瑞樹顔画像?荒木ひろみさんとの関係は?自殺手伝うは本当か?

東京都島区池袋のホテル客室で袋に入った遺体でみつかった荒木ひろみさんを殺した男は北島瑞樹容疑者です。

北島容疑者の顔画像、プロフィールさらに大学も特定。

北島容疑者と荒木さんの関係も調査しています。

スポンサーリンク

事件の概要

この事件は12日午後8時半ごろ、清掃のため入室した従業員が遺体を発見。

遺体は荒木ひろみさんで、ベッド脇の床でポリ袋に入れられ、その上からシーツでくるまれた状態で発見されました。

警視庁は18日朝からこの男を任意同行していて、男の自宅マンションの家宅捜索も行っています。

この男は12日夜、池袋のホテルの部屋で東京・江東区に住む荒木ひろみさんの首を圧迫して殺害するなどした疑いが持たれています。

荒木さんの遺体は圧縮袋に入れられてシーツにくるまれた状態で両足首はひもで縛られていました。

ホテルの防犯カメラには荒木さんが入室する前後にキャリーバッグを引いて白いマスクをした男が出入りする姿が映っていました。

警視庁はこれまでホテルや付近の防犯カメラの捜査を進めてきましたが、逃走した人物と22歳の男の特徴が一致したということです。


出典;ANN

容疑者の顔画像、プロフィール

ニュースの映像から


出典;ANN

名前北島瑞樹(きたじま みずき)
年齢22歳
住所埼玉県入間市豊岡5
身分大東文化大学4年文学部

北島容疑者は大東文化大で劇団をやっていました。

大東文化大学の劇団虚構の所属のようです。

出典;Twitter 

大学生と36歳の女性との関係が気になりますね。

では、被害者の身元をみてみましょう。

スポンサーリンク

被害者の情報

名前荒木ひろみ(あらき ひろみ)
年齢36歳
住所東京都江東区南砂2丁目
職業無職

現在のところ、ニュースの映像等で顔画像は公開されていません。

公開された場合、追記していく予定です。

2人はSNSで知り合い初対面

北島容疑者が荒木さんとSNSで8月からやり取りを始め、犯行当日が初対面だったと話していることが新たにわかった

引用;FNN

そのSNSですが、どのSNSを利用したのか調査した結果

利用していたSNSはツィッターです

ツイッターで自殺希望者を募るような投稿をしていたことが20日、捜査関係者への取材で分かった。「手伝う」などと書き込んでいたという。

 捜査関係者によると、死亡した荒木ひろみさん(36)とは「8月ごろからツイッターで連絡を取り始め、事件当日に初めて会った」と供述。

引用;共同通信

この供述はあくまでも北島容疑者の言い分です。

このことが本当なのか、様々な角度から考察してみましょう。

自殺手伝うの真偽は?

通常36歳の女性と22歳の男子大学生が、知り合うパターンを考えると

①大学生のアルバイト先に女性が勤務。

②何らかの趣味が同じで趣味を通じて。

③SNSを通じて

に分類されそうです。

無職であったことから①ではなさそうです。

荒木ひろみさんに演劇の趣味があれば、②かもしれません。

北島容疑者のいうように、③かもしれません。

いずれにしても、荒木ひろみさんは結構精神的に病んでいたようです。

荒木さんは、このところ精神的に弱っていたようです。事件当時も、家族に携帯の回線を止められていて、周囲との接触が断たれている状態だった。荒木さんは無線LANなどを使ってネットに接続して、北島容疑者と接触したようです。

引用;文春オンライン

では、この自殺を手伝うの真偽についてですが、病んだ原因に北島容疑者がからんでいるかどうかがカギになるでしょう。

自殺を手伝うの真偽のポイント

北島容疑者とのやり取りが原因 → 嘘

北島容疑者以外が原因 → 本当

病んだ状況で北島容疑者の「自殺を手伝います」の投稿をみて、荒木さんが積極的にアプローチしたのなら、北島容疑者の供述はほぼ正しいのではと思われます。

(北島容疑者の行動は正しくありません。自殺ほう助になります。)

北島容疑者との出会いで

①荒木さんが北島容疑者に好意を持った。

②北島容疑者が荒木さんを自殺させるように誘導した。

この2つの可能性も考えられます。

①であれば、面倒になり、計画的に、しかも自殺を頼まれたように見せかけての殺害で非常に悪意を感じます。

②についても、北島容疑者が演劇の脚本まで担当しているようなので、荒木さんを自殺するように仕向けるのも簡単かもしれません。

死後の世界という台本もあったようです。

殺害された現場の客室画像のみてみましょう。

〇追記:10月8日 19:30 SNSで自殺志願者を募っていた

北島容疑者はツイッターで自殺志願者を募り、女性とは事件当日に初めて会ったということですが、その後の捜査関係者への取材で、この事件の前、他にも「自殺したい」と訴える10代の少女とやり取りをし、会う約束をしていたことが新たにわかりました。北島容疑者は、ひもを準備して約束の場所に行ったとみられていますが、少女のSNSのアカウントが停止されたため、会えなかったということです。

引用;JNN

殺害された部屋205号室の画像は?

犯行現場は池袋のホテルです。

遺体発見現場は池袋駅近くのラブホテルで、HOTEL THE ATTAです。

 

 

今回、このホテルの実際の画像を入手しました。

ホテル内に設置された防犯カメラを確認したところ、12日午後3時41分ころに上下黒色の服を着た北島瑞樹容疑者が205号室に入ってく姿が映っていました。

引用;毎日新聞

このホテルのHPで205号室の画像を入手。

Gタイプ

天蓋つきのお部屋は女性に人気。リゾート気分をお楽しみ頂けます。浴室マット設置しています。


出典;THE ATTA

こちらの部屋で、圧縮袋に入れられてシーツにくるまれた状態で両足首はひもで縛られていました。

当日の足取り

自宅から池袋は約1時間ぐらいで移動が可能です。

 

荒木さんのその日の足取りをまとめてみると、

12日午後「病院へ行く。」と家族に言い残して外出
12日15時41分北島容疑者がHOTEL THE ATTA205号室にキャリーケースを持っ、マスク姿でチェックイン
 北島容疑者が部屋番号をSNS上に書き込み、荒木さんがチェック。
17時48分頃荒木さんがHOTEL THE ATTA205号に1人でチェックイン
 北島容疑者が荒木さんの首を絞めて殺害。
19:40頃北島容疑者が着替えて出ていき、池袋駅方面へ
20:15清掃員が遺体を発見

このときの様子は両足を縛られ、布団圧縮袋に入れられた状態。

司法解剖の結果、首を圧迫されたことによる窒息死と判明。

ネットの反応

まだまだ、わからないことがたくさんあります。

真相の解明を待ちたいです。

殺意を持った殺人なのか、自殺ほう助の殺人なのか?

SNSの危険さが浮き彫りになった事件ですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする