豊橋(岩西小)暴行教師名 判明!女児の頭を黒板になどの暴行実態を暴く

昨年の10月に、児童2人に対して黒板に額を打ち付けるなど暴行した容疑で、元教師の男性が書類送検されました。 この暴力教師の実名や、どのような暴行が行われていたかを報告します。
スポンサーリンク

事件の概要

今回の書類送検された暴行について概要を報告します。
元男性教師(43)は去年10月、教室内で当時7歳の女子児童の髪の毛をつかみ、黒板に数回額を打ち付け、別の日に7歳の男子児童の頭を定規で1回たたいた疑いが持たれています。 警察によりますと、元教師は「黒板を見ていないように思えて腹が立った」などと話し、容疑を認めているということです。 引用;ANN
いろいろ、調べていると、この件だけでなく、多数の暴行を行っていて、問題教師だったようです。

教師名は?

暴行事件が起きたのは豊橋市立岩西小学校の2年。
出典;ANN
出典;google map
40代の男性教諭が担任を務める2年の児童5人に、頭を黒板に押し付けたり、定規でたたいたりするなどの体罰 引用;毎日新聞
40代男性教諭で2年の担任は深谷勝義 学校のHP内にお知らせなどをリンクしたものがありますが、今はもう削除されています。 深谷教諭の経歴は 2006年    愛知県教育委員会に採用 2013年    豊橋市立岩西小学校に異動 2017年11月  今回の事件を起こす 2018年2月  停職6カ月の懲戒処分を受け、退職 この12年間の間に数々の事件や問題を起こしているようです。 ツイッターにも深谷教諭の名前がでています。
出典;ツイッター
スポンサーリンク

問題教師の実態

2012年 体罰で戒告処分

別の小学校で、シャープペンシルを手に痣が残るように押し付ける。

2015年 骨折事件

5年生の児童の手首の骨を曲げる怪我を負わせる。

2017年

4月から保護者から暴言が多いと指摘されていた。 学級を講師と2人体制にし、再発防止を務めていたが、教師の資質を欠く男には無駄だったようだ。 常に威圧と暴力で子どもを支配していて、恐怖の授業を展開。 日常の授業で挙手しない生徒には罵倒を浴びせ、机を蹴るなどの威圧行為。 算数の授業で女児の髪をひっぱり、黒板にたたきつける。 また、ある時は、答えられない児童を別の空き教室につれていき、罵倒を浴びせるなど。 教室に残っている児童は何をされているのか不安で一杯だったようだ。

ネットの反応

なんでこんなに罪軽いの?日本はおかしいよ 引用;Yahoo!ニュース
恐ろしいです。 どうして教師になろうと思ったのでしょうか。 言うことを聞かない子供がいるのはむしろ当たり前だと思う。 引用;Yahoo!ニュース
100歩譲って、教育的意図があったならともかく 「腹が立った」って、ないでしょ 引用;Yahoo!ニュース
親の子に対する虐待、教師の児童に対する暴力、なくなりませんね。 もちろん、多くの親、教師はまともに子どもに対応していることと思います。 でも、今回のような暴力、暴言はひどすぎますね。 子どもが、学校に行きたくない、とさせてしまっているのが、教師ですから呆れてしまいます。 ネットの声にあったのですが、どうしてこの人が教師になろうと思ったのか、それが疑問です。 このような教師は二度と教壇に立たないでもらいたいです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする