阪神高速逆走!大下啓太ら顔画像?出入橋か梅田か?ミス誘発の理由は?

年末に大阪阪神高速で逆走で正面衝突です。

高齢者でなく、30代の男性が運転していたようです。

被害者の身元や顔画像の調査を行いました。

さらに、事故現場の特定と、どの出入り口から入ってきたのかも調査しました。

その出口の画像を用意するとともに、ミス誘発したものがないのかを調べました。

スポンサーリンク

事故の概要

12月27日午後10時25分ごろ、大阪市西区の阪神高速道路池田線の下り線で乗用車と軽乗用車が正面衝突事故が発生。

警察によりますと、軽乗用車が逆走してきたとみられ、軽乗用車に乗っていた3人のうち助手席と後部座席の男性2人が死亡、運転していた30代とみられる男性が足の骨を折る大けがをしました。

死亡したのは大阪 豊中市の会社員、大下啓太さん(27)と大阪 箕面市の会社員、嵯峨山圭司さん(50)で、軽乗用車の3人は引っ越し会社の同僚だということです。

乗用車に乗っていた兵庫県豊岡市の20代の夫婦も夫が胸の骨を折る大けがをし、妻も軽いけがをしたということです。

現場は3車線のカーブの付近で、近くには高速道路の出口もあり、警察は詳しい事故の状況や原因を調べています。


出典;NHK

では、まず、お亡くなりになった被害者の身元の情報からお伝えします。

被害者の顔画像、経歴

逆走してきた軽自動車3人のうち2人がなくなっています。

名前:大下啓太(おおした けいた)

年齢:27歳

住所:大阪府豊中市

職業:会社員(引っ越し会社)

2人目は

名前:峨山圭司

年齢:50歳

住所:大阪府箕面市

職業:会社員(引っ越し会社)

なお、現在のところ、ニュースの映像等で顔画像は公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

軽自動車を運転していた30代男性は足の骨を折っていますが、身元の情報は今のところ明らかになっていません。

こちらも、公開され次第、追記していく予定です。

 

突然の事故に巻き込まれた乗用車の方は

20代の兵庫県豊岡市の夫婦です。

 

事故の現場や逆走のルートなどを調査しました。

スポンサーリンク

事故現場特定

ニュースの映像から

出典;NHK


出典;朝日新聞デジタル

地図のバツ印が事故現場になります。

画像から下に四ツ橋筋が見えるので、その上のあたりが事故現場です。

ミスした出口は出入橋か梅田か?

事故現場がわかれば、逆走してきたルートと間違った出入り口も判明。

間違った場所は出入橋出口梅田の出口です。

詳しくみてみると、

出入橋出口だとすると

赤色の矢印で入ってきたことになります。

梅田出口も可能性があるのですが、それは上の図の青い線の長さをみてくださいね。

場所は出入橋と梅田はかなり離れていますが、逆走する距離は青い矢印分しか梅田の方が多くなりません。

もし、梅田から入ってきたとすると次の地図ですが、

青の矢印で入るべきところを

赤の矢印で入ってしまったようです。

 

出口の画像を比べてみましょう。

出入橋出口の画像は

こちらも夜であれば、わかりにくそうです。

さらに近くまで行くと

ここは出口です」と案内が横を向いていて、見ずらいです。

 

次に梅田出口の画像は

この画像は昼間なので、交通量も多く間違えにくいですが、事故は夜に起こっています。

夜になると看板も出ていますが、少しわかりにくいのではないでしょうか?

さらに角度を変えると

かくど

2か所侵入禁止の看板、さらに「ここは出口です」と案内がありますが、こちらも見ずらいです。

 

いずれにしても、侵入禁止の看板、「ここは出口です」の看板はあり、

見落としたようですね。

特に今回は高齢者でなく、

引っ越し会社に勤務ということは運転に慣れている30代の男性です。

 

3人とも気づかなかったというのも理解できません。

飲酒はなかったのかも気になります。

油断があったかもしれませんね。

スポンサーリンク

ネットの反応

軽自動車に3人、普通車に2人乗ってたって事かな?

普通車の2人は軽傷なのに軽自動車は2人死亡1人重傷なのか。

軽自動車だったからなのか、シートベルトしてなかったのかなとも思える事故ですね。

3人乗ってて誰も逆走に気付かないって、どういう事なんだろうなぁ。

引用;Yahoo!ニュース

 

年末に気の毒な事故ですね。

亡くなった大下啓太さんと嵯峨山圭司さんのご冥福をお祈り申し上げます。

また、なぜこのような事故が起こったのか原因追及をしっかりして今後、このような事故が減ることを願うばかりです。

スポンサーリンク