津山市パトカー追跡の車、追突炎上!事故現場特定!なぜ逃げたのか?

津山市でパトカー追跡の車が信号待ちで停止していたトラックに激突し、炎上する事故がおこりました。

事故現場の特定に成功しました。

また、事故発生までの経緯をまとめてみました。

最大の疑問はなぜ110番通報した女性が逃げたのかを考察してみました。

スポンサーリンク





事件の概要

11日午前1時45分ごろ、津山市河辺の国道53号交差点で、捜索依頼を受けたパトカーに追跡されていた乗用車が信号待ちで停車していた美作市、運転手男性(49)の大型トラックに追突した。乗用車は大破し炎上。運転していたとみられる津山市の女性(50)が死亡した。死因は火傷死。トラックの男性も首を痛めるなどして軽傷のもよう。


出典;山陽デジタル

凄まじい事故のようです。

その様子を目撃した後続車の40代の女性は

事故を「『ドーン』という大きな音がして、車のフロントが粉々になるすさまじいありさまだった。炎が激しく、とても近づけなかった」と話した。

出典;山陽デジタル

では、事故現場をみてみましょう。

事故現場

津山市河辺の国道53号交差点とあります。

さらにニュースの画像から


出典;山陽デジタル

黄色の丸が特徴的です。

ストリートビューで確認すると

場所は53号線の国分寺です。

この事故はどういう経緯で起ったのでしょうか?

スポンサーリンク





なぜ逃げたのか?事故の経緯

津山署によると、同日午前0時15分ごろ、この女性から「家庭内でもめ事が起きている」と110番があり、署員が自宅に急行。女性が車で家を出ていたため、夫から捜索依頼を受けた署員がパトカーで捜索した。

自宅付近で車を発見し、赤色灯を付けて停止を求めたが応じず、車が信号を無視して走行したため、サイレンを鳴らして追跡。パトカーは最終的に約50メートル離され、車は発見場所から東に約4キロの地点で、事故を起こしたという。

引用;山陽デジタル

家庭内のもめごとは夫婦喧嘩でしょうか?

女性が110番通報し、女性が車で家を出て、夫が警察に捜索依頼した。

このあたりの事情がよくわかりませんね。

どうして、女性はパトカーから必死になって逃げたのたのでしょうか。

普通の精神状態でなかったのかもしれません。

夫との関係、仕事上のトラブルなどで鬱状態だったのでしょうか?

精神を安定させるため、薬物などを投与していたのかもしれません。

ただ、推測にすぎませんので、新たな情報が入り次第、追記していく予定です。

逃げる際に信号待ちで停車していたトラックに激突し、炎上したようです。

激突されたトラックは福山通運の運転手はさぞ驚いたことでしょう。


出典;山陽デジタル

パトカーの追跡行為について、岸淵秀夫副署長は「現時点で追跡行為に問題はなかったと考えている」と発表しています。

スポンサーリンク





ネットの反応

・夫婦喧嘩の末ですかね。自分で警察に電話してこの結果。警察はやりきれんでしょうな。

・警察には何ら問題なし
トラックが一番の被害者

・自分で通報したのに逃げる理由は何だったのだろう

・無謀運転の結果死亡ですか。他人を轢き殺さなくて良かった。

・マジで可哀想…。
警察が。

引用;Yahoo!ニュース

逃げた理由が新たに報道された場合、しっかり追記していきます。

とにかく、不思議な事件です。

ただ、この亡くなった女性は車でトラックに激突し、火傷死しています。

亡くなった女性のご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする