中井妙子顔画像は?怜衣ちやん事故死の訳が切ない!3人子育てで事故回避の方法は?

神奈川県茅ケ崎市で母親が2歳の女児を誤って轢く事故が起こりました。

母親の中井妙子容疑者の顔画像、プロフィールを調査しました。

怜衣ちやん事故死しなければならなかったのかや、子沢山の子どもを抱えるときの事故回避の方法などを調査しました。

スポンサーリンク
 

事故の概要

28日午後5時15分ごろ、神奈川県茅ケ崎市東海岸南の駐車場内で、近くに住む女児(2)が母親(43)の運転する普通乗用車にはねられた。女児は病院に搬送された。

同県警茅ケ崎署によると、現場は住宅街の中にある月極駐車場で、女児は祖母らとともに母親の車を待っていたという。母親は女児らがいる場所に向けて車を進行中、左側から出てきた女児に気付かず、はねたとみられる。

引用;産経新聞

すぐに病院に搬送されましたが、亡くなりました。

では、母親の名前などは公開されているのでしょうか?

顔画像ととも調べてみました。

容疑者の顔画像

現在のところ、ニュースの映像等で顔画像は公開されていません。

公開され次第、追記していく予定です。

名前は一部のメディアで公開されていました。

28日午後5時すぎ、神奈川県茅ヶ崎市東海岸南の月ぎめ駐車場で、近くに住む中井妙子さん(43)の娘で次女の怜衣ちゃん(2)が、妙子さんの運転する乗用車にひかれました。

引用;NHK

名前中井妙子(なかい たえこ)
年齢43歳
住所神奈川県茅ヶ崎市東海岸南
職業不明

フェイスブック、インスタのアカウントの調査を行いましたが、本人の特定には至りませんでした。

検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらまで。

フェイスブック

インスタは同姓同名のアカウントがありますが、別人と思われます。

被害者の情報

名前中井怜衣(なかい れえ)
年齢2歳
住所神奈川県茅ヶ崎市東海岸南
兄弟姉妹3人(兄、姉がいて二女)

一番下のお子さんだったようですね。

昨日も静岡で3歳の子どもが線路付近で遊んでいて、引かれる事故が起きたばかりです。

川島淑斗ちゃんの親は誰?3歳男児を放置か?親は何を?事故現場特定!

事故の状況を見てみましょう。

スポンサーリンク

事故現場と状況

事故が起きた場所は神奈川県茅ヶ崎市東海岸南です。

 

現場の画像はこちらです。


出典;FNN

3人の子どもがいますが、3人はそのとき、どこにいたのでしょう。

長男は車の中、長女と次女の怜衣ちゃんは祖母と一緒に車の外にいたようです。

次女に気づかずひいたようです。

怜衣ちゃんの祖母を車で送るため、妙子さんが駐車スペースから車を前進させて出したところ、車の外にいた怜衣ちゃんを右側のタイヤでひいてしまったということです。

引用;NHK

祖母がついていながら、このような悲劇が起こったのは残念です。

いくつかの悪い条件が重なったようですが、その部分をまとめてみました。

事故を起こした理由が切ない

悪い条件は

①日没の時間帯。

②現場付近に照明は設置されていない。

③車高が高いワンボックスカー。

④車外の2人の子どもを祖母1人で見ている。

こういった悪条件が重なったわけですが、なんとか回避できなかったのでしょうか?

現場が暗い状況や、車高が高く、低い場所が見にくいのは母親はわかっていたはずです。

今回、そこに子どもがいないだろうと思う「だろう運転」がとても残念です。

祖母が見てくれているはずという甘えが事故につながったのではないでしょうか?

過去には8人の子どもを抱えている母親の事故がありました。

岡崎市の門司益布さん8人の子沢山の悲劇! 4歳男児を轢いた現場特定!

子どもが多い家庭では車を動かすとき、どのような注意が必要なのでしょうか?

複数の子どもを抱える場合の事故回避の方法を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

3人の子育てで事故回避の方法は?

最も基本は子どもが外にいる状況で車は動かさないことです。

今回事故をおこした母親は1人しか車にのっていないのに動かしています。

おそらく、祖母と3人の子どもで出かけるために車を使用するはずだったと思われます。

チャイルドシートにのせていれば、このような悲劇はなかったはずです。

もう一つは運転手が子どもの所在を自分で確認することです。

配偶者がみてくれているだろうとか、祖父母がみてくれているだろうがまずいですね。

出かける準備や子どものトイレなどで、全員が乗る前に車を動かす状況もあるはずです。

そのときは、きっちり確認するべきです。

子どもは家族の宝であり、本当に貴重な命です。

しっかり大人が守らないとかわいそうですね。

ネットの反応

 

ネットでも悲しく声が多数あがっています。

また、確認をおろそかにした母親は後悔してもしきれない十字架を背負うことになってしまいました。

亡くなった中井怜衣ちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする