船戸優里 顔画像!虐待死事件の共通点はコレだ!児相のミスはココだ!

目黒女児虐待死事件の船戸優里被告に対して、検察側は懲役11年の求刑をしました。

1年半前の事件ですが、この事件を機に児童の虐待事件が跡を絶たちません。

目黒の結愛ちゃん、野田市の心愛ちゃん、出水市の璃愛來ちゃんに関する共通点や、なぜ繰り返されるのかを調査しました。

スポンサーリンク

裁判の争点

東京都目黒区で2018年3月、船戸結愛(ゆあ)ちゃん(当時5歳)が死亡した事件で、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の優里被告(27)に対し、検察側は優里被告が虐待の発覚を恐れて病院に連れて行かず、放置したと主張して、懲役11年を求刑。

検察側は論告で「夫との関係を維持するために娘の生命を犠牲にした」と指摘。「両親に未来を奪われた無念さは計り知れず、結果は極めて重大だ」と述べた。

出典;共同通信

一方、弁護側は、罪の成立は争わないとしつつ、雄大被告から心理的なドメスティックバイオレンス(DV)を受け、精神的な支配下にあったと訴えています。

 優里被告は被告人質問で、再婚後に雄大被告から説教が繰り返されるようになったと説明。雄大被告の命令は絶対で「ロボットのように聞いていた」とし、反発して怒らせると結愛ちゃんに怒りが向くため、結愛ちゃんの衰弱を見過ごしたとしている。

引用;毎日新聞

判決は9月17日(火)15時に言い渡されます。

特にこの事件では、船戸雄大被告、優里被告に虐待されながらも、許してくださいと願い手紙が話題になりました。

〇追記:9月17日 懲役8年の判決

東京地裁(守下実裁判長)は17日、懲役8年(求刑・懲役11年)の判決を言い渡した。

結愛ちゃんの手紙が泣ける!

この公判でも、手紙が読まれました。

詳細記事はこちらです。

船戸雄大 優里 顔画像は?虐待された結愛ちゃんのノートが泣ける!

自宅からは結愛ちゃんが平仮名で「きょうよりも あしたは もっとできるようにするから、おねがいゆるして、ゆるしてください」などと書かれたノートも見つかったという。

引用;NNN

全文も紹介します。

出典;Twitter

こんな手紙を5歳の女の子が訴えるのって、悲しすぎますね。

超かわいい、結愛ちゃんの画像

引用;JNN

スポンサーリンク

今回は3つの児童虐待事件の共通点についてまとめてみました。

3つの事件の概要

東京都目黒区(2018年3月)

東京都目黒区のアパートから船戸結愛ちゃん(当時5歳)が救急搬送され、亡くなった事件。

結愛ちゃんは「ゆるしてください。」とノートを書き残していた。

体重は同年齢を6kgも下まわる状況。

父は雄大、母は優里。

船戸雄大の顔画像は?虐待自宅場所を特定!結愛ちゃんを殴り殺す父親の動機に唖然!

 

千葉県野田市(2019年1月)

小学5年生の栗原心愛ちゃんが親から虐待を受けて亡くなった事件。

食事を与えず、浴室の放置などした。

父は栗原勇一郎、母は栗原なぎさ。

栗原勇一郎顔画像は?心愛さん虐待がやばい!妻が制止できなかった訳は?

 

鹿児島県出水市(2019年8月)

大塚璃愛来(りあら)ちゃん(4)が、同居する母親の交際相手の男(21)から暴行を受け亡くなった事件。

交際相手の男性は日渡駿。母親の名前は未公開。

大塚璃愛來ちゃんを児相が見殺し?日渡駿顔画像、インスタがやばい

では、この事件の共通点をみてみましょう。

3つの事件の共通点は

主な共通点はこちらです。

〇亡くなった子が女の子で「愛」の字がついています。

〇児相と接触後、引っ越しをしている。

〇児相の判断ミスが生じている。

〇児相が父親(交際相手の男性)の接触に失敗

親の願いとして、愛のある子ども、愛されて育ってほしいなどの思いがあったのでしょうか、

誰もが産まれたときは、両親の希望と期待を一杯受けた赤ちゃんだったのでしょうね。

どの事件においても、様子がおかしいと周りは気づくものです。

そして、児相絡みの案件になっていくのですが、詳細をみていきましょう。

スポンサーリンク

児相との接触後、転居。父親との接触失敗

結愛ちゃんは香川県善通寺市 → 東京都目黒区

心愛ちゃんは沖縄県市糸満市 → 千葉県野田市

璃愛来ちゃんは鹿児島県薩摩川内市 → 鹿児島県出水市

結愛ちゃんの場合は

目黒区の事件では、一家が香川県に住んでいた時、一時保護の解除後も病院であざが確認された。だが児相は虐待の危険度を引き上げず、再度の保護を見送った。

引用;毎日新聞

一時保護をし、病院であざを確認するが、再度保護をしなかった。

香川県の第三者委員会が「児相は、父親への直接的な指導は十分に行っていなかった」と批判した。

引用;毎日新聞

東京への児相への連絡が不十分のようです。

心愛ちゃんの場合は

父親による心愛さんへのどう喝について、母方の親族から相談があったことを野田市に引き継いでいなかった

引用;毎日新聞

転校先の学校でも栗原勇一郎被告の恫喝に学校や委員会がうろたえ、何もできない状況に陥ていました。

父親を指導できないばかりか、イニシアティブを握られ、本当に心愛ちゃんを見殺しにしてしまうことになっていましたね。

璃愛来ちゃんの場合は

児相は母親に交際相手がいることを把握したものの重視せず、転居先の出水市も男と同居していることに気付かないままだった。薩摩川内市は「交際相手などのプライバシーに踏み込むのは難しい」と説明している。

引用;毎日新聞

璃愛来ちゃんは7月まで住んでいた鹿児島県薩摩川内市で夜間に1人で徘徊していました。空腹のあまり、スーパーでお菓子売り場の前にポツンと立っていたこともあるようです。

県警薩摩川内署員に4回保護され、同署は児相に「一時保護すべきだ」と通告したが、児相は一時保護しないというミスを。

さらに薩摩川の児相は「交際相手などのプライバシーに踏み込むのは難しい」と説明しているようです。

それゆえ、出水市は、日渡容疑者と同居していることに気付かないままでした。

どうして児相の判断ミスが生じるのか?

責任を取りたくないからでしょうか?

公務員仕事だからでしょうか?

子どものことを真剣に考えていないからでしょうか?

児相に限らず、どの職場にも使命感の薄い職員はいることでしょう。

専門家の意見によると児相の裁量が大きすぎるのが問題と指摘されています。

裁量が大きいのに、判断基準があいまい。

これでは、どう判断していいかわからず、また、部署によっても判断がぶれますよね。

児相の仕事内容や、一時保護する基準など、現場の判断まかせではなく、整備していかないといつまでもなくならないのではないでしょうか?

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

もうこれ以上、犠牲者をださないようにしてもらたいですね。

大人がしっかり子どもを守らないと。

9月10日15時に判決が出ます。

船戸優里被告は見殺しにした罪を残りの人生で償ってもらいたいですね。

スポンサーリンク