佐藤竜彦顔画像は?出身中学特定!覚醒剤とあおりがセット!足取りも判明!

佐藤竜彦容疑者の顔画像調査、さらに出身中学校はどこなのかを調べました。

覚醒剤とあおりエアガンはセットのようで、今回はどうだったのでしょうか?

事件を起こしてから6日の逃走劇でしたが、その足取りも報告します。

スポンサーリンク

事件の概要

。佐藤容疑者は8日午前6時55分頃~同7時5分頃、東名高速道路上り線日進ジャンクション(愛知県日進市)―上郷サービスエリア(同県豊田市)間の追い越し車線を走行中、前を走る名古屋市中川区の男性会社員(23)の乗用車に向けてエアガンを発射し、後部ドアに4か所の傷を付けた疑い。愛知県警の調べに「前の車がどいてくれないので腹が立ち、車にあったエアガンで撃った」などと供述しているという。

 ワゴン車は事件後の8日午前8時20分頃、岐阜県瑞浪市の中央道の路肩に燃料切れで停車しているのを同県警が発見。佐藤容疑者はその場から逃走し、愛知県警が逮捕状を取り、行方を捜していた。

引用;読売新聞

その後、知人らと連絡を取りながら、京都府内で知人の男性に車を借り、兵庫県内に逃走。

警察に出頭する前、尼崎市のホテルに潜伏。

その後、友人に説得され、友人ともに14日未明に、尼崎市内の警察署に出頭して逮捕にいたりました。

容疑者の顔画像、プロフィール


出典;東海テレビ

さらにプロフィールはこちらになります。

名前 佐藤竜彦(さとう たつひこ)
年齢 40歳
住所 自称 兵庫県尼崎市崇徳院2丁目
職業 無職

作家の沖田臥竜さんの中学の後輩にあたるようです。

では、2人の出身中学を調べてみましょう。

スポンサーリンク

出身中学は?

沖田臥竜さんの出身中学を調べれば直ぐに判明するかと思いましたが、具体的に掲載されていません。

尼崎に公立中学としかわかっていません。

尼崎の公立中学は18校あります。

地域を限定する書き込みなどを探してみると

 

このユートピア野間店は伊丹市にありますが、伊丹市の最も南側にあり、尼崎市と隣接しています。

 

この店に最も近いのは塚口中学校で徒歩13分です。

 

さらに、沖田さんのツィッターに 塚口の3つ下 のコメントがあり

塚口中学の可能性が極めて高いと考えられます

塚口中学校は


出典;塚口中学HP

所在地は 兵庫県尼崎市富松町4丁目31-1

 

では、あおりエアガン事件は佐藤竜彦容疑者には当たり前だったようで、今回余罪も調べていますが、そのあたりをみてみましょう。

スポンサーリンク

あおり運転繰り返す、覚醒剤もセット?

佐藤容疑者を知る作家の沖田臥竜さんは

「同じことはずっとやってましたよね。それが他でもあおり運転が世間から注目されて、佐藤としては(昔から)同じことをやってるだけであって…」


出典;東海テレビ

昔からやっていたとは驚きです。

そうかもしれません。

 

注目されたのが最近で石橋和歩被告、宮崎文夫容疑者とともにあまりにも酷いあおり運転が注目を集めて話題になっていますが、以前は話題にならなかっただけかも。

石橋和歩の彼女は?顔画像は?公判で暴かれる異常性3つはコレだ!

宮崎文夫は天王寺高校で落ちこぼれ?SNS自宅特定!前科判明!近所の評判?

さらに、沖田臥竜さんによると、

あおり運転と覚醒剤がセット

「車も好きなんで、覚醒剤やったら車乗ってとかが好きなほうやったんで。(車と覚醒剤は)1セットみたいなもんですよね、佐藤らしいなというような感じですよね」


出典;東海テレビ

恐ろしい証言です。

今回のあおりエアガン運転でも覚せい剤の使用についても警察は調査しているようです。

〇追記:9月30日0:10 覚醒剤で陽性反応

逮捕後、尿から覚醒剤の陽性反応が出ていたことも明らかになった

引用;中京テレビ

最後に、逮捕までの足取りをまとめてみました。

足取りは

9月8日に今回の逮捕に至るあおり運転を起こします。

東名高速道路の上り線日進ジャンクション(愛知県日進市)―上郷サービスエリア(同県豊田市)間の追い越し車線であおりエアガンが始まります。


出典;東海テレビ

その後、岐阜県瑞浪市の中央道で燃料切れのため、立ち往生し、同乗の女性を置き去りにして走って逃走。

そのあと、京都の友人から車を借り、兵庫県へ。

尼崎のホテルに潜伏し、14日、友人に説得され、兵庫県警尼崎東署に出頭。


出典;東海テレビ

スポンサーリンク

ネットの反応

 

器物損壊の罪でこれほど話題になるのも、世の中があおり運転に対して厳しい目でみている事実をしらないからでしょう。

昔から、このようなことを繰り返していたとは本当に怖いですね。

ドライブレコーダーがなければ、明らかになっていなかったのではないでしょうか?

二度と運転してもらいたくないですね。

スポンサーリンク