福岡で修学旅行生が食中毒!中学校名は?ノロウイルス検出!長崎「龍宴」!

福岡で修学旅行生が観劇中に嘔吐や体調不良を訴え、一時騒然としました。 その被害にあった中学校の調査や、その日の修学旅行の足取りから食材の特定について調査しました。
スポンサーリンク

事件の概要

23日午後9時10分ごろ、福岡市博多区住吉1丁目の商業施設「キャナルシティ博多」の劇場内で「修学旅行中の中学生が吐いている」と119番通報があった。消防隊が駆けつけたところ、生徒14人と教師2人の男女計16人が症状を訴えており、病院へ運ばれた。 出典;朝日新聞デジタル
その後、症状を訴えた人はさらに増え、結局38人となりました。 追記:26日19:00 被害者は40人に増えたようです。 では、被害にあった学校はどこでしょうか?

中学校名は?

鹿児島市立吉野東中学校のようです。
出典;吉野東中学校HP
修学旅行は生徒155人と教員9人のあわせて164人が参加していました。 その修学旅行では22日から2泊3日の日程長崎と福岡、熊本をまわる予定になったようです。 23日の夜、食中毒の騒ぎで3日目の予定をキャンセルして、学校に帰ったようです。 では、この2日目のどこでの食事が原因なのでしょうか?
スポンサーリンク

どの食事が原因か?

23日は太宰府市付近で昼食をとり、夕方にキャナルシティ博多付近で各自、夕食をとる予定になっていたということです。 引用;NHK WEB NEWS
大宰府市付近で全員で食べた昼食か、夕方に自由行動に中で、各自で博多で食べた夕食に限定されそうです。 夕食であれば、様々な可能性がでてきます。 店の候補も広まりますし、商業施設「キャナルシティ博多」の劇場の中で食べたものかもしれません。 食材の特定は現在公開されていません。 公開され次第、追記していく予定です。 食中毒の発生現場の地図をのせておきます。

更新情報

〇ノロウィルスが検出:追記26日19:00 福岡市は25日夜、症状を訴えた4人の便からノロウイルスが検出されたと発表しました。
福岡市によりますと、ノロウイルスによる食中毒の場合、原因となる食品を口にしてから発症するまで24時間から48時間の潜伏期間があるということです。 こうしたことなどから、福岡市では、キャナルシティ博多の中の飲食店が原因で起きた食中毒ではないとしていて、福岡市に到着する前に生徒らに食事を提供した施設がある自治体が、ノロウイルスが原因の集団食中毒の疑いで詳しく調査を行っているということです。 引用;NHK
ウイルスが検出された4人は発症までに最長5時間しかたっていないことや、生徒らが入った飲食店で他に食中毒の情報がないことから、キャナルシティでの飲食店が原因ではないという。 キャナルシティ博多の食事は関係なく、前日(長崎)での食事が原因との見方もでてきました。 キャナルシティ博多は発症現場でとんだ災難ですね。 この風評被害は大きいですね。 〇食中毒は前日の飲食店「龍宴(りゅうえん)」で提供された昼食:追記27日23:45 保健所などの調べで、福岡に来る前日の22日に訪れた長崎での昼食と特定されました。 長崎市平野町の飲食店「龍宴(りゅうえん)」です。
昼食のメニューは、皿うどんやから揚げ、春巻きなどでした。 飲食店の従業員の便と、中学生から検出されたノロウイルスの遺伝子型が一致したということです。 長崎市は、この飲食店を27日から3日間の営業停止処分にしました。 出典;テレビ西日本

ネットの反応

楽しいはずの修学旅行が本当に残念ですね。 途中で切り上げになる修学旅行って最低の印象ですよね。 生徒が喧嘩したとか、万引きしたというように、生徒は今回、全く悪くないので、本当に気の毒です。 このあと、原因追及をしっかりしてもらいたいですね。 ただ、重症の方がいないようで、軽症のようですが、生徒や先生の一日も早い回復を祈るばかりです。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする