北九州コロナ第2波!感染小学校、中学校名と地理的関係、クラスターは?

緊急事態宣言が解消され、いよいよ元の生活へもどれるかと感じたのですが、北九州市の第2波はちょっと深刻な状況です。

この状態を少しでも整理するため、小中学校の地理的位置関係を整理してみました。

感染者の出て、場所が特定されている学校と病院を調査しました。

スポンサーリンク

北九州市コロナ2波

新型コロナウイルスの感染者が相次いでいる北九州市で31日に新たに12人の感染が分かりました。

 北九州市では9日連続で感染者が確認され、その数は合計97人になります。

また、4日連続で一日あたりの感染者数は2桁となりました。

北九州市の感染者数が発表になる前の31日午前に西村経済再生担当大臣は、北九州市で感染者が連日、確認されていることについて「感染経路を追い掛けられている」として緊急事態宣言の再指定は行わない考えを示しています。


出典;ANN

今回、申告なのは学校を再開したことで小学校などでクラスターになっているようです。

報道をさらに紹介すると、

北九州市は31日、新たに12人の新型コロナウイルス感染が判明したと発表した。

このうち4人は守恒小(小倉南区)の児童で、28日に感染確認された女子児童のクラスメート。

市は同小でクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

守恒小はすでに消毒され、休校となっている。

ほかの8人は、企救中(同)と思永中(小倉北区)の生徒それぞれ1人。

クラスターが発生した北九州総合病院(同)で医療スタッフを務める20~40代の男女3人も含まれている。

引用;西日本新聞

感染者がでた学校名は

北九州市立守恒小学校:4名(女子児童同じクラス)

所在地:北九州市小倉南区星和台2丁目1-1

こちらの小学校は児童数900人もいるマンモス小学校です。

地図をみると新興住宅地でしょうか?

 

北九州市立企救中学校1名

所在地:北九州市小倉南区南若園超1-1

 

北九州市立思永中1名

所在地:北九州市小倉北区大門1丁目5-1

 

北九州総合病院:26名(新たに医療スタッフ男女3名追加)

北九州総合病院

院長先生は永田先生です。

まず、これ以上広めないように対応してもらいたいですね。

出典;北九州総合病院

所在地:北九州市小倉北区東城野町1-1

 

さらに2つの学校もわかりました。

北九州市立葛原小学校:感染者あり

所在地:北九州市小倉南区葛原4丁目24

北九州市立小倉北特別支援学校:感染者あり

所在地:北九州市小倉北区下到津4丁目3-1

スポンサーリンク

 

3つの学校の位置関係は?

北九州市小倉南区どうしにある小、中学校は約2㎞の距離です。

守恒小←(徒歩25分約2km)→企救中←(徒歩27分約2.2km)→北九州総合病院

思永中学は北九州の中心にあり、上の3つの場所とはかなり離れています。

一番近い、北九州総合病院まで約4kmで徒歩なら1時間かかるので電車利用で20分ぐらいです。

最初にクラスターになった場所は特定できていませんが、位置関係は上記の通りです。

ネットの反応

今後ますます、増えるかもしれません。

最後の現場の先生の声が胸に突き刺さりますね。

現場は大混乱ですよね。

今回の第2波は子どもに感染しているので、学校が再開になった地域の子ども、保護者、教員などが北九州のことを注目していることでししょう。

どういう対応をするのでしょうか?

一応、西村経済再生担当大臣は緊急事態宣言の再指定は行わないそうです。

スポンサーリンク