時速280km暴走男は誰?車種特定!動画有!罰金は?第2阪奈は飛ばせるの?

大阪の第2阪奈道路で時速280kmのスピードをだしたとして、暴走した男が書類送検されました。 この人物のプロフィールを調べました。 車種の特定も行い、日産の35GTRと判明。 さらに投稿動画、第2阪奈、罰金の調査を行いました。
スポンサーリンク

違反の概要

東大阪市内の自動車専用道路を時速約280キロで暴走したとして、大阪府警は5日、乗用車を運転していた府内の30代の男を道路交通法違反(速度超過)容疑で書類送検した。捜査関係者が明らかにした。スピード違反の検挙としては、全国で過去最高速度とみられる。 捜査関係者によると、男は今年1月、同市内の自動車専用道路「第2阪奈道路」で、法定速度(時速60キロ)を約220キロ上回る時速約280キロで運転した疑いが持たれている。 引用;毎日新聞
このスピード狂の男はどんな人物でしょうか?

容疑者のプロフィール

名前 不明
年齢 35歳
住所 大阪市城東区
職業 不明、無職
今のところ、わかっているのはここまです。 新たな情報が入り次第追記していく予定です。 追記:11月6日18:50 職業は無職 では、なぜ犯行が発覚したのでしょうか?

発覚は動画投稿

まず、投稿された動画をご覧ください。
動画のスクリーンショットの画像をはっておきます。
出典;youtube
300kmがでていますね。 この動画をみた人から警察に通報がありました。
警察は2018年8月、ナンバープレートが付いていない別の車を運転した疑いで、男を逮捕。 警察の調べに対して、男は、暴走と動画を撮影したことを認めたため、11月5日、法定速度を220km/hも上回る、280km/hで走行した疑いで書類送検された。 引用;FNN
動画の投稿をしなければ、発覚しなかったわけですが、そうはできなかったようです。
動画を投稿した理由について、「車の性能を試すため。みんなに見てほしかった」と話している。 引用;FNN
〇追記:11月6日18:50 過去にも10回ほど動画投稿
自分が運転する車を追跡するパトカーを振り切る動画なども投稿していた。 男は、10年以上前にも、大阪市内の高速道路で大幅なスピード違反で逮捕されていたこともわかった。 警察の調べに対し男は、「10回ほど同じようなことをして、動画をアップした」などと話している。 出典;FNN
  では、車種はなんでしょうか?
スポンサーリンク

車種は35GTR

日産の高級スポーツカーの35GTRです。
出典;youtube
この高級車、新車で買えば、1023万円以上するようです。
出典;日産
今回の違反でどれくらいの罰金になるのでしょうか?

罰金は?

超加速度が29kmの場合、反則金で18000円、減点3点です。 30km以上で反則金でなく、罰金になります 罰金は行政処分(警察)と刑事処分(裁判所)の両方が科せられる違反です。 220kmオーバーはどうなるのでしょう。 まず、目安は次の画像でご覧ください。
出典;MOBY
桁が違い過ぎますね。 さらに調べてみると、
一般道30km/h以上、高速道路40km/h以上のスピード違反は、最大で10万円の罰金、6ヶ月の懲役となります。 「最大」としているのは、裁判で違反内容、運転者の過失などを判断され、刑罰内容が変わるためです。 引用;MOBY
裁判所の出頭せずにすむ略式裁判で決まります。 ただし、略式裁判では裁判官が一方的に罰金を決定します。 その略式裁判ですまないのが、次の違反。
一般道、高速道路問わず80km/h以上の速度違反は、略式裁判が認められず公判請求、通常裁判となります。 引用;MOBY
このケースではほとんどの場合、懲役刑が言い渡されます。つまり、交通刑務所に行くことになり、前科もつくということのようです。 金額は裁判官が決めるのでいくらとは断定できません。 〇追記:11月10日 21:20 警察を挑発するような運転を動画で公開は罪にならないのか?
Q.この男が公開していた動画では、パトカーの指示に従うように見せて、また走り出して追いかけさせていました。これはまた別の罪にならないのでしょうか? 菊地弁護士: 「例えば、わざと挑発して追いかけさせていたとなると、業務妨害罪の可能性すらないとは言えません。また、パトカーに車を体当たりさせるなど乱暴なことをした場合だと、公務執行妨害罪となり得ます」 Q.そうした運転の様子をYouTubeで公開していたことについての罪はいかがでしょう? 菊地弁護士: 「動画を上げたこと自体では、特に罪にはならないと思われます」 引用;関西テレビ
スポンサーリンク

第2阪奈道路は飛ばせる道?

暴走の現場は、東大阪市の第2阪奈道路ですが、こんな暴走しても大丈夫な場所なのでしょうか? スピードを出す以上、真っすぐな道が望ましいですが、この第2阪奈道路を地図で調べてみると、 そして、トンネルの長さが5580mあり、ほぼ真っすぐですね。 走り屋にとっては最高の道かもしれませんね。 ちなみに300kmはほぼ新幹線と同じスピード。 仮に平均時速250kmでこの5580mのトンネルを走れば、約22秒で出ることになります。

ネットの反応

たまたま、事故にはならなかったですが、巻き添えを食らうとたまりません。 十分反省してもらいたいですね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする