在原伸悟 顔画像は?トラックの進行方向と現場特定!被害者身元判明!

37トンの鉄くずを積んだトラックが家族3人の命を奪いました。 在原伸悟容疑者の顔画像、SNSアカウントの調査を行いました。 また、事故現場の特定と、トラックの進行方向も特定にも成功! さらに、この事故で亡くなられた3名の身元も特定しました。

スポンサーリンク

事故の概要

8日午前、千葉市若葉区の県道の交差点で信号待ちをしていた軽自動車が、左折してきた際に横転したトレーラーの下敷きになり、乗っていた37歳から70歳の家族3人が死亡しました。警察は事故の原因を調べています。 午前9時前、千葉市若葉区中野町の県道の交差点で、信号待ちをしていた軽自動車が、左折してきた際にバランスを崩して横転したトレーラーの下敷きになりました。 出典;NHK

では、3人も死亡するという事故を起こしたのはどのような人物でしょうか?

容疑者のプロフィール、顔画像

名前:在原伸悟(ありはら しんご) 年齢:26歳 住所:千葉県八千代市神野 職業:会社員 フェイスブックのアカウントの調査を行いましたが、本人の特定には至りません。 検索結果をリンクしておきますので、気になる方はこちらへ。 顔画像は現在のところ、ニュースの映像などで公開されていません。 公開され次第、追記していく予定です。 〇追記:9月9日12:10 移送時の顔画像が公開

出典;JNN

この事故のすさまじさを示す衝撃画像をご覧ください。

事故の様子

出典;NNN

鉄筋など37トン分が軽自動車の上に降ってきたわけです。

〇追記:9月9日12:20 10トン以上の過積載

在原容疑者は「鉄筋を37トン分積んだ」「荷物を積み過ぎたかもしれない」と供述しているということです。警察はトラックの総重量に対して、10トン以上の過積載の状態だった可能性もあるとみて、調べています。 引用;JNN

10トン以上の過積載はひどいですね。 会社の指示か、自分の判断かどちらでしょうか?   では、亡くなった方の身元がわかりました。

〇追記:8月6日

最大積載量29トンに対して当時、およそ47トンの荷物を積んでいたことが分かった。

リサイクル会社は、無許可で運送業を営んだとして、貨物自動車運送事業法違反の疑いでも書類送検されました
スポンサーリンク

亡くなった方の身元

千葉市の会社員、吉田さんの家族3名がなくなりました。

 1人目2人目3人目
名前吉田隆吉田亮吉田葵
年齢70歳43歳37歳
住所千葉市千葉県大網白里市千葉県大網白里市
職業会社員会社役員不明
関係亮さんの父隆さんの息子亮さんさんの妻

ご冥福をお祈り申し上げます。

事故現場とトラックの進行方向特定

現場は千葉東金道路の中野インターチェンジから北に400メートルほどの県道とあります。 ニュースの映像から

出典;NNN

そして、google mapより

出典;google map

殿川橋のT字路付近と判明。さらに、

在原容疑者は「左折する際にバランスを崩して横転した」と容疑を認めている。 引用;NNN

左折をしているので、事故をおこしたトラックは赤矢印のように移動してきたようです。

更新情報

〇追記9月10日19:50 転倒のイメージ トレーラーが事故の直前に通ったのはゆるやかな下り坂です。

出典;NNN

信号が青だったため、ややスピードを保ちながら、曲がったのではと思われます。 重たい37トンの積荷のため、曲がり切れず信号待ちの軽自動車の上に転倒。

出典;NNN

〇追記9月9日12:30 事故発生時の状況と救出までの時間 午前8時45分ごろ「ダーン」というかつて聞いたことがない大きな音が鳴り響いたようです。 事故現場の目の前に自宅がある女性は慌てて外に飛び出しとようです。

 「(軽乗用車は)つぶれてひどい状況だった。近くにいた人が声を掛けていたが、その時は2人から応答があった。もう1人は分からない」と声を震わせた。現場には非番の警察官がいて、つぶれた車の中の人に声を掛け続けていたという。 引用;千葉日報

37トンの鉄くずなので、重機がなくては救出が不可能と、駆け付けた消防が判断。 近くの建設業者にクレーン車とショベルカーを要請。 本格的な救出作業が始まるのに時間が経過し、全員を救出できたのは午後2時半ごろ。 やはり、37トンもの異常な量の積載が6時間近くの時間を要するようになったようです。

〇追記9月9日12:50 横転事故の多い地点

この道路をよく利用するトラック運転手の男性は「緩やかな下り坂で、急いで曲がろうとすると遠心力で横転してしまう」と危険性を指摘。 近隣の男性も「現場はこれまでも横転事故がよく起きているカーブ」と話した。 引用;千葉日報

スポンサーリンク

ネットの反応

恐ろしい過積載ですね。 こんな状態で運転させる会社も許せませんね。 信号待ちをしていた吉田さん家族にとっては避けようがなく、本当に気の毒です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする