訃報:大内恭介さんがみた事故直前の景色再現!北陸自動車道の現場特定!

10月の3連休に悲しい事故が起こりました。 北陸自動車道のガードレールを超えて、10mも転落し、ドライバーの父親が亡くなる事故です。 事故現場をピンポイントで特定。 そのことで、運転手が事故直前にみた景色を再現しました。
スポンサーリンク

事故の概要

7日午前、福井県敦賀市の北陸自動車道で親子5人を乗せたワゴン車がガードレールを突き破り、道路脇の斜面をおよそ10メートル落下しました。 この事故で車を運転していたとみられる40歳の父親が死亡し、10歳の女の子も骨折する重傷です。 出典;JNN
この事故で亡くなられた方の身元がわかりました。

被害者は

名前:大内恭介(おおうち きょうすけ) 年齢:40歳 住所:愛知県一宮市木曽川町 職業:会社員 この車に家族5人が乗っていたのですが、10歳の長女が重傷、妻(40)、長男(13)、 次男(11)が軽傷です。 〇追記:10月8日20:30 次男深月(みづき)君も死亡 事故により、10mも崖を転落したのですから、車は大破していますね。 では、この現場はどのあたりでしょうか?
スポンサーリンク

事故現場

事故現場は福井県敦賀市曽々木の北陸自動車道の下り線です。 ニュースの映像から
  出典;JNN
この曽々木をgoogle の航空写真で調べ、高速道路の手前に道と川があり、また、建物があるのはgoogle map曽々木の枠の右端でした。

運転手がみた事故直前の景色再現

事故現場特定でわかったことは、この場所は緩やかな下り坂でほぼ真っすぐな道です。 少し右へ曲がっている程度の道です。 それほど難しい道ではないので、どうしてハンドル操作を誤ったのか悔やまれてなりませんね。 ストリートビューで、事故直前のドライバーの目線からの景色を再現してみました。 〇追記:10月7日22:20 連続画像で再現すると
出典;google map
〇追記:10月8日20:30 中央分離帯に接触後、ガードレルを突き破り転落
車は、中央分離帯に接触し、その反動で左側のガードレールを突き破ったとみられ、警察が事故の原因を調べている。 引用;FNN
スポンサーリンク

ネットの反応

〇ご冥福をお祈りします。子供達が命に別状かまなくて良かったとそう思うしかない。。 〇残りの3人はどうなった?この惨状で軽傷だったなんてあり得ないと思う  が……。 大事な家族を乗せて運転するのなら細心の注意をしながら運転しなきゃ。 〇居眠り運転かな 気を付けねばね 〇車外だけではなく車内ドラレコも義務化しないといけないと思う。 〇恐怖のドライブになりましたね スピード超過でしょうか?居眠りでしょうか? 家族を乗せたら命を預かる気持ちで運転しないといけません お父さん安らかに眠ってください 〇最悪の3連休…何とも痛ましい事故 引用;Yahoo!ニュース
本当に、小浜市内に釣りに行く予定だったようでで最悪の家族旅行になってしまいました。 大内恭介さん、深月君のご冥福をお祈り申し上げます。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする