新立文子、下山真子顔画像は?加齢がコワい!事故再現で右前方破損の訳は?

5月8日午前10時すぎ、琵琶湖の近くの湖岸道路で痛ましい事故がありました。 新立文子容疑者、下山真子容疑者の顔画像調査を行いました。 今回の事故原因はおばさんの加齢が原因かを調査しました。 また、事故の状況の再現から、共に右前方が破損している訳を調査しました。
スポンサーリンク

事件の概要

8日午前10時すぎ、滋賀県大津市大萱6丁目の交差点で悲劇的な事故が起きました。
警察などによると、交差点を右折しようとしていたグレーの自動車と直進していた白い軽自動車が衝突し、そのはずみで、白い軽自動車が信号待ちをしていた保育園児と保育士あわせて16人の列に突っ込んだという。 警察は、車を運転していた新立文子容疑者(52)と下山真子容疑者(62)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕している。 近隣の人などによると、現場の交差点は普段から事故が多かったということで、警察が詳しい事故の原因を調べている。 出典;NNN
この事故で、園児13人と保育士3人が病院に搬送されました。 伊藤雅宮くん(2)と原田優衣ちゃん(2)の亡くなっています。 8日19:00現在で、園児1人が重体の状態です。

容疑者のプロフィール、顔画像

2人逮捕されています。
名前 新立文子(しんたて ふみこ)
年齢 52歳
住所 大津市一里山3丁目
職業 無職
北進右折したグレー色の乗用車
2人目は
名前 下山真子(しもやまみちこ)
年齢 62歳
住所 大津市若葉台
職業 無職
南進直進していた白い軽乗用車
現在のところ、ニュースの映像等で顔画像は公開されていません。 公開され次第、追記していく予定です。
スポンサーリンク

被害者の情報

今回の事故で16人が病院に搬送される大事故になってしまいました。 事故現場近くにあるレイモンド淡海保育園の園児が2名亡くなっています。
出典;JNN
亡くなったのは伊藤雅宮(いとうがく)くん(2)と原田優衣(はらだゆい)ちゃん(2)です。 ご冥福をお祈りいたします。 2歳の男児が重体です。 レイモンド淡海保育園と事故現場の[大津市大萱6丁目の交差点」とは約240mの距離です。 園児の散歩の途中に悲劇に巻き込まれたようです。 事故原因など、事故の状況を詳しくみてみましょう。

加齢による判断ミスか?

今回は2人とも過失運転傷害で現行犯逮捕されています。 事故の様子を再現しましょう。 10時までに徒歩3分の位置にある保育園を出発し、大津市大萱6丁目の交差点で信号待ち。
出典;JNN
右折したグレーの乗用車(新立容疑者)と直進の白の軽自動車(下山容疑者)が右側同士で接触。 直進の白の軽自動車が保育園児の列の突っ込む。
出典;JNN
まとめると
出典;朝日新聞デジタル
どちらも信号が青で交差点に進入してきたようです。 右折の新立容疑者は曲がれると思い、ハンドル操作したのではないでしょうか? ただ、本人がイメージしたより、車がスムーズに動かなかったことが考えられます。 あるいは、本人が予測を遥かに超えたスピードで下山容疑者が進んできたかもしれません。 また、直進してきた下山容疑者の運転も理解しがたいものがあります。 右折待機車の動きを予測できなかったのではないでしょうか? 事故後の状況から接触し、歩道に乗り上げ、フェンスを大破する動きから相当のスピードがでていたのではないでしょうか? なぜか? 急いでいた、信号が変わりかけていて、焦っていた。 アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれません
高齢ドライバーの事故が起こりやすい交通環境において速度と確認に関する運転行動を検討した結果、右折時や一時停止交差点で偏った確認行動や、速度の減速が不十分といった高齢ドライバー群特有のリスクが生じていることが明らかとなった。 引用;太子 のぞみ論文
最近、非常に多い高齢者の事故。 池袋事故の飯塚幸三の顔画像!上級国民バッシングの5つの訳はコレだ! 大野二巳雄顔画像は?上級国民と市バス運転手の扱いの差に違和感、炎上! 加齢による判断力低下、運動能力の低下ではないでしょうか?
スポンサーリンク

右前方破損の訳は

事故車両の画像をご覧ください。
出典;NNN
特に不思議なのは右折車両も右側が破損していることです。 右折の途中でぶつかれば、右折車両は左側が破損するはず右折に入りかけた段階でぶつかったと予測できます。
右折動作が著しく遅い 直進車両が著しく速いスピード
どちらもありえそうですね。 正確な情報は、警察の発表を待って、追記していく予定です。

ネットの反応

いろいろな声があがっていますね。 最も悲しいのは亡くなった伊藤雅宮くんと原田優衣 ちゃんの遺族ではないでしょうか? 過失傷害で逮捕された2人はおそらく、過失致死に変わると思いますが、本当に高齢者の運転で前途ある若者の命が奪われるのはあまりにも残念な結果ですね。 高齢ドライバーの対策もしっかり考えないといけない時期ではないでしょうか?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする