大嶺翔太 引退の真相は?自己破産か?引退宣言の裏にコメント急増の訳は?

大嶺翔太 引退の真相がネットで話題になっています。

本当に理由は何でしょうか?

自己破産でしょうか?この異常な引退宣言の裏に何があるのかを調査しました。

大嶺翔太選手の獲得年収なども調べました。

そして、コメント数が急増している訳を考察しました。

スポンサーリンク




引退宣言

ロッテは23日、大嶺翔太内野手(26)から、借金による金銭トラブルを理由に引退の申し出があり、受理したことを発表した。球団によると2年ほど前から複数のトラブルを繰り返し、最近になってまた新たなトラブルが発生。本人から「環境を変えて出直したい」との申し入れがあったという。球団は同日付で任意引退の手続きを行った。

出典;スポーツ報知

借金による金銭トラブルによるシーズン途中による引退。

何か違和感がありますね。

では、大嶺翔太選手のプロフィールや年棒など調べてみましょう。

プロフィールや年棒

2009年ドラフト会議で3位指名で兄佑太の所属する千葉ロッテマリーンズに入団。

一軍での成績は5年間で196試合出場、打率210、本塁打7本です。

2018年は10試合しか出ていない状態です。

獲得した年棒はプロ生活9年で推定で合計6090万円です。

契約金は推定4000万円なので、合わせると1億円です。

ただ、稼いでいるのですが、メルカリやオークションで小遣い稼ぎをしていたという信じがたい情報もあります。

よほど困っていたようです。

スポンサーリンク




引退の理由は?

本人の談話は

「お金を借りて、返せないトラブルが発生し、多くの方にご迷惑を掛けてしまった。自分にできることは環境を変え、気持ちを入れ直すことだと決断した」とコメントした。

引用;日本経済新聞

気持ちを入れ替え、心機一転して頑張るとありますが、見通しはあるのでしょうか?

27歳の2018年の年収は1000万円です。

普通の社会人が27歳で1000万円稼ぐというのはかなり難しいことですよね。

借金返済の苦労している人物が、シーズン途中で収入源の仕事を辞めること自体異常な事態と多くの人が感じているのではないでしょうか?

球団の発表では

借入額や使い道などを明らかにしていないが、違法性はないという。

引用;スポニチ

違法性がないのは本当なのでしょうか?

ネットで広がる引退の本当の理由は?

収入源を絶って、環境を変えることに違和感があり、ネットでは様々な声があがっています。

辞めなくてはならない程の裏があるはず

引用;Yahoo!ニュース

記事に書いてあるのが全てなら辞める必要はない。裏に何かあるんだろな。

引用;Yahoo!ニュース

破産宣告するんじゃないの?
だから引退

引用;Yahoo!ニュース

今の状態で退団となるともっとひどい状況になるんじゃないのかな?

引用;Yahoo!ニュース

銀行以外の金貸しで反社会勢力と繋がってないところなんてあるのか?なんでプロ野球選手、しかも一軍の実力あるのにそれを棒にふるかねー

引用;Yahoo!ニュース

ギャンブルか?、プロ野球選手の収入で返せない程の借金て、幾ら借りたんだ?。
プロ野球辞めたら、なおさら返せないじゃん

引用;Yahoo!ニュース

借金あるならプロ野球選手として働いて返すのがいちばん近道だと思うけど、それをしないのは違和感ある。

引用;Yahoo!ニュース

本人が借金の返済を考えているとしたら、破産宣告ではないでしょうか?

そうでない、つまり、プロ野球をやめて、何か仕事をして返そうとしているのなら、世間知らずの見通しのたてられない人物ではないでしょうか?

そういう人物だから、借金まみれになったのでしょう。

スポンサーリンク




異常な引退宣言にコメント数急増の訳は?

配信3時間半で894のヤフーのコメント数

そう思う、思わないをいれると、かなり話題になっています。

なぜでしょうか?

大嶺選手は契約金4000万と合わせると、もうすべてに1億円稼いだはずです。

これだけのお金があり、借金まみれになること自体、信じがたいことです。

また、27歳でこれだけ稼ぐことは普通では無理でしょう。

その収入源を投げ捨てて、一から出直すというのは、これまた、本当に信じがたいことです。

ユーザーの皆さんが思うところが多く、関心が高いことの表れではないでしょうか?

まとめ

どこから、どれだけ借りたのか本当のところは明らかにされていません。

破産宣言の可能性は極めて高いと思われますが、あくまでも推測です。

本人のコメントにあるように、環境を変え、コツコツ返済していく人生を歩んでもらいたいですね。

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする