東須磨小いじめ、激辛カレー動画有!ヤバすぎ!授業で話題にする神経に疑問!

東須磨小学校のいじめ事件で激辛カレーでいじめる動画が公開されました。

動画をスクリーンショットで解説しました。さらにその動画もアップしています。

この激辛カレーのいじめの様子を授業中に児童に話すという神経に批判の声が集まっています。

校長、教頭、加害教師の実名に迫りました。

スポンサーリンク

激辛カレーのいじめ

場所は家庭科の調理室でしょうか?

動画では男性2名、女性2名が動画に写っています。

神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代教員4人が、同僚で30~40代の先輩教員4人に昨年から継続的に暴行や暴言を受けていた問題で、現在療養中の男性教員が昨年9月に激辛カレーを無理やり食べさせられたのが、放課後の学校内だったことが7日、神戸新聞社が関係者から入手した動画などで分かった。必死に抵抗する男性教員に対し、加害側の教員らは笑いながら行為に及んでいた。


出典;神戸新聞

では、動画の画像で紹介していきます。

激辛カレーのいじめ動画

激辛カレーを食べさせている様子が明らかになりました。

「ごめんなさい。僕はもう辛いのん、好きじゃないんです。」

笑い声

赤いTシャツの男が手をたたいて喜ぶ。

「勝ったー!もらった。もらいました。」

再び羽交い絞めをする。

女教師が激辛カレーを食べさせにくる。

「嫌だー。辛いの好きじゃないんです。」

「早よ早よ。」

 

大量に激辛カレーを食べさせる。

「それしんどい。やばい!」

笑い声

辛すぎてか、我慢できず教室を走りまわる。

まわりは笑う

 

出典;神戸新聞

動画もアップしておきます。(見られなくなる可能性もありますのでご理解ください。)

なんと激辛カレーを食べさせているのは40代の女性教諭です。

いい年した大人の女性が20代の男性教師に無理やり食べさせるって信じられない出来事ですよね。

この場にいじめる側は4人写っています。

男性2人、女性2人のようです。

1人はビデオをまわしているので報道されている男性3人と女性1人とあわないのですが。

どうやら第3者が撮影しているようです。

ただ、このいじめ動画の撮影している以上、いじめ加害者に入るのではないでしょうか?

とても教師とは思えぬ蛮行ですね。

授業で激辛カレーの出来事を笑い話で話した教師がいるそうです。

スポンサーリンク

授業で激辛カレーを話題に?

加害側の教諭はいじめ行為の様子を授業中に児童の前で話していました。

 「辛い“18禁カレー”を食べさせて、食べているところを見るのが面白かった的なことを言っていた。」(加害教諭の元教え子)

出典;MBS

ちょっとこの内容は新たに耳を疑いますね。

 

このいじめの内容を平気で授業で話すなのど、教師の資質に問題ありですね

では、この学校を管理している人物についても調査しました。

管理職は校長、教頭ですが、名前はわかっているのでしょうか?

管理職は誰?

はっきりと判明しています。

根拠についてはこちらでご覧ださい。

東須磨小いじめ事件!隠蔽は仁王校長、藤原教頭!加害者4人実名判名か?

2019年の人事異動で判明しています。

仁王美貴校長藤原慎吾教頭です。

ここまでになるまで、放置した責任は重いでしょう。

今回、6月の段階で市教委に問題は解決したといういい加減な報告をしていました。

この激辛カレー事件を機に、男性教諭は精神的に不安定な状態となり、9月から休んで療養しています。

家族の訴えで今回のことがわかってきたのです。

やはり、責任は重いでしょう。

スポンサーリンク

加害教師は誰?

実名報道を求める声があがっています。

ただ、10月7日22:00の段階で公式に実名報道はありません。

この加害者の教師たちは経験もあり、保護者の受けもよく、児童の人気もあったようです。

学校の中心的存在だったようです。

実名ですが、特定はできていませんが、情報は入っています。

ネット上の情報であることを考慮して読んでいただけたらと思います。

 

では、最後にネットの声をまとめてみました。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

 

皆さんの怒りの声、呆れる声ばかりです。

このような教師間のいじめがこんなに簡単に動画に撮影され、また、教室で笑い話にされる学校現場をとても心配します。

特に神戸市はいじめ事件で子どもがなくなる事例が続いています。

東須磨小いじめの実名報道は?この事件でわかる!神戸でいじめが多い訳!

真剣にいじめをなくすアクションを起こすべき時を迎えているのではないでしょうか?

この悪質ないじめをした教師は二度と教壇に立たすべきではありません。

この点は多くの人の共通の思いではないでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする