森本優佳さん、顔画像は?としまえんプール事故!ふわふわの混雑が事故原因か?

悲しいニュースです。

お盆の夏休み、としまえんのプールで8歳女児がプールのおぼれてなくなりました。

亡くなった森本さんの顔画像や事故の原因、さらにふわふわアトラクションについて調査しました。

スポンサーリンク

事故の概要

東京都練馬区向山の遊園地「としまえん」のプールで15日午後、心肺停止状態で救急搬送された女児(8)の死亡が確認されたことが、警視庁への取材で分かった。女児はプールのアトラクション「ふわふわウォーターランド」で遊んでおり、警視庁は女児が溺れた可能性があるとみて当時の状況を調べている。


出典;産経新聞

では、被害にあった方の身元の情報からお伝えします。

被害者の情報、顔画像は?

名前 森本優佳(もりもと ゆうか)
年齢 8歳
住所 埼玉県朝霞市
身分 小学生

現在のところ、ニュースの映像等で顔画像は公開されていません。

今後、公開された場合、追記していく予定です。

亡くなった森本さんのご冥福をお祈り申し上げます。

 

事故現場のとしまえんプールさらにふわふわウォーターランドについてみてみましょう。

事故現場

としまえんのプールの画像です。

としまえんの園内マップです。下の赤丸が事故現場のふわふわウォーターランドな場所です。


出典;としまえん

としまえんの地図がこちらです。

夏には家族連れ、カップル、若者など多くの人が集まっています。

では、このプールのどこで事故が起こったのでしょう。

スポンサーリンク

ふわふわウォーターランド

大きな浮島「ビッグアイランド」や、
お子さまも楽しめる浮島「キッズアイランド」などの水遊び遊具がそろった、
キッズ&ファミリー向けの有料エリアです☆

出典;としまえん

そして、小学年生が利用しそうな施設をみてみると

ビックアイランド

大きな浮島にスライダーや一本橋、ターザンなどが設置されたスリル満点なアトラクション。

[プールスペック] 長さ 50m・幅 20m・深さ 1.2~1.9m

キッズアイランド

トランポリンやジャングルジムなど、お子さまも楽しめる浮島。

[プールスペック] 長さ 20m・幅 18m・深さ 0.8~1.2m

ウォータースライダー

子供たちに人気のウォータースライダー。滑り下りるとプールにダイブ!

ビックアイランドは画像にあるように、空気で膨らませたトランポリンやジャングルジムなどの遊具をプールに浮かてあります。

ビックアイランドとウォータースライダーは身長110cm未満利用できません。

8歳の女子の身長はどれくらいでしょうか?

8歳0か月で平均124.6㎝という統計から、おそらく被害者の森本さんはビックアイランドやウォータースライダーで遊んでいたのではないでしょうか?

では、どうしてこのような事故に巻き込まれたのでしょうか?

事故原因は?

詳しいことは警察の発表を待たなければ詳細は断定できません。

入っている情報を整理すると

女児は貸し出しのライフジャケットを着用していた。遊具に潜り込んだ状態で見つかり、監視員が救助した。

引用;産経新聞

遊具の下に潜りこみ、なんらかのトラブルで出てこれなくなったのではないでしょうか?

当然、お盆休みなので大勢の人が詰めかけていたことでしょう。

〇追記:8月16日21:00 事故原因判明 

プールに浮かぶ遊具の下に潜り込み、身につけていたライフジャケットの浮力で抜け出せなくなった可能性があることが分かりました。


出典;JNN

 

プールの状態は超満員だったかも

違う場所の画像ですが、画像でみるとイメージしやすのでは。

すいている状態     

 混んでいる状態

どれくらいの人がいたかわかりませんが、このわくわくプールランドの混雑具合が事故を引き起こした可能性も考えられます。

森本さんは家族と離れていたようで、家族の目が届かない状態だったのが悔やまれますね。

〇追記:8月16日13:00 定時点検で発見

プールでは午後2時に水の中を確認する定時点検が行われ、この点検作業でプールに浮かぶ風船型アトラクションの下にいる森本さんを見つけていたことが分かりました。


出典;ANN

〇追記:8月16日17:00 父親はいなくなっている優佳ちゃんを探していた。

父親は1時頃いなくなった優佳ちゃんを探していて監視員に連絡をしていたようです。

点検の2時にビックアイランドの下でライフジャケットをつけた優佳ちゃんがおぼれているのを発見。

スポンサーリンク

ネットの反応

 

・親御さんは何故気づかなかったのか。一番気の毒なのは、発見された状態。沈んでいたのがとか、浮いていたのが発見されたとか最近頻繁に耳にしますが、誰かが側で見ていたら溺れることはあっても、少なくともそんな状態で発見されることはないはずなので残念です。

・最近プールでの事故が続いています。静かに溺れることは、ニュース見ていれば知っているはず。不思議なのは第一発見者が親ではないこと。ちょっと目を離したすきにとか、ずっと見ていられるかと反論する親御さんがいらっしゃいますが、最悪の結果を招く可能性がある場所では言い訳していないで親の務めを果たしてほしい。

・すごく楽しみしていたと思うプールで起きてしまった悲しい事故。
やはり、水は怖いという事を再認識して付き添いの大人は目を離さないようにして欲しい。
監視員がいても大勢の中の1人を見守れるわけはないのだから。

・水の事故って人はほんの僅かな水が気管に入っただけで呼吸ができなくなり溺れてしまうのですよ。ましてや子供だよ。監視員にも限界があると思うが親も水に対する危機感が無さすぎる。

・8歳位になると親も少し離して見てしまうかもしれません。ずっと一緒に居るのが理想だが…
何故、プールの事故が絶えないのか?
プールの管理会社も小学生までは親が付きそう規則を作るべきですかね?!

引用;Yahoo!ニュース

非常に残念なニュースです。

ご両親は見守ることができなかったのがいつまでも心の傷になるのではないでしょうか?

そうとう混んでいたことも事故の要因ではないでしょうか?

森本さんのご冥福をお祈り申し上げます。

スポンサーリンク